働き方について

【すべての看護師さんへ】自分に合った働き方を見つけて毎日を楽しくする手順

看護師・助産師の方が自分に合った働き方を見つけて、毎日を笑顔で過ごせるお手伝いをしています。

ひーちゃん

助産師のひーちゃんと申します。
一緒に自分に合う働き方を探していきましょう♪

この記事を読むと分かること

★看護師の働く場所の選択肢を知れる
★働く場所を変える方法を知れる
★働く場所を選ぶときのポイントが分かる

働く場所の選択肢を知る

私たちは美味しい食べ物も知らないと食べようと思わないですし、景色の綺麗な国もその存在を知らないと行こうとは思いません。
職場を選ぶ時も選択肢に何があるかを知らないと選ぶことはできません。
選択肢をたくさん知った中から自分に合う場所を選んでいきましょう♪

看護師の働く場所:
・病院(総合病院・個人病院・クリニック)
・訪問
・企業、学校、施設
・ツアーナース、イベント、エンターテイメント施設
・情報発信、相談、SNS、ライター

同じ「病院で働く」でも病院によって働き方は本当に違います。
仕事内容・休みの数・研修の内容・働いている人全く同じところは無いので、一つのところが合わなくても、他に自分に合う場所はたくさんある可能性があります。

自分はどこで働きたいのか

様々な働き方を知ることで自分に合った場所を見つけることができます♪

【看護師の方へ】経験を語ります。病院以外の「働く場所」と自分の「強み」を知ることの重要性看護師・助産師の働き方の多様性を知り、どんな職場があるのか・自分が向いている職場はどこか探すお手伝いをします。 自分の強みと職場の特徴を掛け合わせて、自分に最適な職場を見つけることが大切です。...

働き方の種類を知る

働く場所だけでなく、「働き方」にもたくさんの選択肢があります。

★1か所でフルタイムで働く
★フルタイムで働きながらアルバイトをする
★夜勤専従、日勤のみなど自分の働きたい時間帯に働く
★非常勤、パートなどで自由なシフトで働く
★看護職と他の仕事をかけ合わせたり、複数の職種で働く

アルバイト禁止の職場もありますが、政府が副業を推進していることから働き方の幅は広がってきています。

仕事に集中するだけではなく、自分のライフプランを考えたちょうどいい働き方を見つけていく必要があります。

【夜勤専従看護師】実際に働いて知ったオススメポイントと注意点看護師の方で、夜勤専従という働き方に興味を持っている方へ、夜勤専従の良さと注意点・対策をお伝えします。 夜勤専従には給料や休日日数というメリットがある一方で、体調面ででのデメリットもあります。正しく対処する方法を知った上で、自分に合った働き方を選ぶ参考にして頂ければと思います。...

働く場所の選び方を知る

働く場所を変えたいと思ったとき、変える方法は複数あります。
それぞれにメリットがあるので、自分に合った方法で行動していきましょう。

働く場所の変え方:
★病院内で移動希望を出す・上司に相談をする
★転職サイトや転職エージェントを利用する
★自分で検索をする
★セミナーや説明会に参加する

自分に合った職場を見つけるには、自分を深く知ることが重要です。
自分の過去を棚卸しして、今後について考えていきましょう。

【看護師の皆さんへ】仕事で何が好き?得意?過去の棚卸しで自分に合った働き方を看護師・助産師の皆さんが、自分に合った働き方を見つけるために、過去の洗い出しをして自分を深く知る手助けをする記事です。なぜ過去の棚卸しがおススメなのか、実際に看護師さんが棚卸しをするときの具体的な内容について解説しています。...
【転職を考えている看護師の方へ】転職サイト利用すべき?注意点と他の転職方法看護師の方が転職をする際に利用できる方法とそれぞれのメリット・デメリットについてまとめました。 転職サイトを利用するときには注意点もありますので、事前に準備をして活用することで自分に合った働き方を見つける参考にしてください。...
【転職を考えている看護師さんへ】良い転職エージェントの見分け方をしって転職活動を成功させる方法転職をする際に利用する転職エージェントですが、良い転職エージェントを見つけるにはポイントがあります。自分を引き出してくれて、良い転職ができるエージェントを見つけて、転職を成功させましょう。看護師の方の転職でより役立つように自身の経験もお伝えしていきます。...

働く場所を実際に変える

働く場所を実際に変える時は色々と行動をする必要があります。
途中で悩むこともあると思います。でも、自分の軸がしっかりしていると
「こういうところで働きたい」「こんな場所で働きたい」
思いが明確だと行動をする際もぶれません。
自分の気持ちに素直に行動していきましょう。

いったん休むことも考える

前を向いて行動することは大切ですが、気持ちが沈んでいる時や体調が整わない時は「休む」ことも大切です。
私も一度、お休み期間を作ったからこそ前に進んだり、より良い選択が出来ました。

休むときにサポートしてくれる場所もあります。

★パートをして仕事量を減らす
★失業保険をもらってお休みをする

少し休んでまた走り出す。

無理をせず、自分のペースで歩いていきましょう。

ひーちゃん

自分に合った働き方・働く場所を見つけて、
毎日をよりよくしていきましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

これから少しずつ具体的な行動方法・考え方の参考となるものを追加していきますので楽しみにしていてください。